A Case Study of Onboarding in Software Teams: Tasks and Strategies

August 14, 2021

オンボーディングのためのタスクの選び方とタスクの効果を調査するために、マイクロソフトのエンジニアとマネージャーにインタビューした。 まず、新しいチームに入った32人のエンジニアとエンジニアを迎えた15人のマネージャーにインタビューし、特に、チームのことを知る、担当する役割を果たせる自信の醸成、メンバーとの交流の3つを重視し、これらに対するタスクの影響を調査した。 タスクの選び方は、大きく、割り当てるタスクを少しずつ複雑にする、優先度の高いものを選ぶ、曖昧なタスクを選ぶ、の3つがあった。 オンボーディングするエンジニアがジュニアであれば最初の選び方、シニアであれば最後の選び方、アジャイルを採用するチーム、新しいチーム、納期の厳しいチームは優先度でタスクが選ばれやすく、効果的であった。 以上の考察を189名のエンジニアと37名のマネージャに評価してもらい、妥当性を確認した。

論文をこちらからダウンロードできます。