Coda

論文メモ How much Up-Front? A Grounded Theory of Agile Architecture

September 25, 2020

「アジャイル開発において、実装前のアーキテクチャ設計にどれだけ工数を割くべきか?」という問いの回答指針を、44名のソフトウェア開発者に面接し、その結果からグラウンデッド・セオリーで提案した。

面接に参加した開発者には、最低でも6年以上の開発経験があり、11名は20年以上の経験がある。 面接の長さは平均で70分であり、面接では、経験したプロジェクトを開発者に説明してもらう。 また、アーキテクチャを説明する文書も提供してもらった。 文書には設計の意思決定の理由も書かれている。

提案手法では、5つパターンに分類でき、チームをとりまく6つの観点から最適なパターンを選ぶことをすすめてる。 パターンは、strategiesといい、観点はforcesといわれている。 strategiesとforcesは、相互に影響し、その関係は以下の図で描かれる。

img

四角の枠はforceを、丸枠はstrategyを示す。 矢印は依存や因果関係を表し、実線は正の、点線は負の影響を与えることを意味する。 矢印のない点線はトリガーであり、\(\oplus\)は排他関係を示す。 forcesとstrategiesの意味は次のとおり。