The End of an Architectural Era (It's Time for a complete Rewrite)

May 29, 2021

発表時期は2007年で、RDBMSの源流のSystem Rが開発された70年代と今日ではハードウェアの性能や価格が変わったことを背景に、RDMSの延長ではなく抜本から刷新し、いわゆるNoSQLを開発する必要性を主張している。 第一著者のMichael Stonebrakerは、後の2011年に今日全てのデータベースの要件をRDMSだけではまかなえないという旨の論文“One Size Fits All”を出している。 One Size Fits Allは以前本ページで紹介したことがある。 表題の論文では、OLTPに特化したデータベースH-Storeを実装し、TPC-Cをベンチマークとして商用データベースと比較したところ、H-Storeの方が82倍高速だった。

OLTPの分野でRDBMSの処理性能を大きく超えるための要件が5つあげられている。 うち2つはメモリとスレッドについてで、OLTPのデータベースに格納されるデータ量の少なさとトランザクションの処理の短さに着目している。 メモリにレコードのデータを載せきり、トランザクションをシングルスレッドで実行することが提案されている。 トランザクションの時間が短いため、マルチスレッドで並行実行するオーバーヘッドがかえって処理時間を長くすると考えられている。 また、シェアードナッシングや、ダウンタイムなしのアップグレードだけでなく災害復旧も考えられた高可用性や、自動でパラメタを調整しチューニングする機能を求められている。

論文をこちらからダウンロードできます。