抄訳 The Transaction Concept: Virtues and Limitations(1981)

July 30, 2022

トランザクションのコミットとロールバックの2通りの実装方針を提案している。 1つは、オブジェクトの値とその値の有効期間を記録し、値の履歴を管理する。 もうひとつは、ログとロックを利用した実装で、操作時にUNDOログとREDOログを出力する。 ロールバック時には、ログをもとにコミット開始前の状態にシステムを復元する。 UNDOやREDOを再実行可能でなければならず、そのためにオブジェクトにしばしばバージョンをつけることがある。 2つの実装方針は異なるように見えるが、内部の実装は似かよったものになる。

論文へのリンク